坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

原因に関係する疾患

病気によって引き起こるのが坐骨神経痛であり、特定疾患では無いのです。 盲腸を例に挙げると、盲腸が原因で腹痛になることがありますよね。 では、どういった疾患が坐骨神経痛を引き起こすのかというと、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎の分離症、すべり症といった疾患があります。 脊柱管狭窄症は、背骨の真ん中を通っている神経の管が老化などの原因によって細くなり、神経を圧迫することによって起こるものです。 腰椎の分離症やすべり症というのは、腰椎が離れてしまう疾患ですが、分離した後に骨が前へ滑ってしまい、神経を刺激するという疾患になります。 そして椎間板ヘルニアですが、背骨同士の間にあるクッションの役割を果たしているのが椎間板であり、椎間板が骨からはみ出すことによって坐骨神経を圧迫することになります。 また、疾患だけが原因となるわけではなく、カルシウム不足が慢性化することによっても坐骨神経痛になることがありますが、カルシウム不足が原因の場合には、腰痛、肩こりといった症状も現われるという特徴があります。 それだけでなく、筋肉が原因となることもあり、股関節、腰といった部分に継続して負担が掛かってしまうと、梨状筋(りじょうきん)という臀部の筋肉が坐骨神経を圧迫してしまうこともあるのです。 この症状を梨状筋症候群と言い、癌による腫瘍が原因で引き起こることもあります。 癌による腫瘍が原因の場合には、非常に激しい痛みを感じることになります。 また、帯状疱疹という老人に多いと言われる疾患が原因となることもあるのです。