坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

妊婦に多い坐骨神経痛

坐骨神経痛は妊娠が原因で起こることもありますが、神経痛持ちの方、椎間板ヘルニアだった方というのも妊娠がきっかけとなって再発することがあるのです。 妊娠後期というのは非常にお腹も大きくなってきますので、この時に坐骨神経痛になることが多いのです。 なぜ妊婦が坐骨神経痛になるのかというと、その原因は2つに大きく分類され、まず最初にホルモンの影響が原因ということが挙げられます。 出産をするときというのは、骨盤が緩んで胎児が通りやすくなるものですが、ホルモンの働きによって靭帯、関節といった部分が緩くなるのです。 ホルモンの分泌が妊娠後期に盛んになることから、腰椎、背骨といった部分まで悪くなるため、神経圧迫に繋がるのです。 また、胎児が成長するとお腹が段々と前に出てきますよね。 腰椎の前湾が徐々に大きくなるため、腰椎、骨盤といった部分が圧迫され、坐骨神経痛になることがあります。 筋肉がこわばっていたり、背骨へ負担が掛かることによって痛みが生じるということになりますね。 痛みを感じたときにはすぐに安静にすることが大切です。 妊娠が判明した時点で、腹筋、背筋といった部分を鍛えておくと坐骨神経痛になりにくいでしょう。 周辺の筋肉を鍛えておけば、妊娠後期になって背骨が緩んだときにも坐骨神経痛にならなかったり、なったとしても弱い痛みで済むでしょう。