坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛の薬

坐骨神経痛になるのには根本的な原因があります。 坐骨神経痛の痛みを軽くすることはできますが、完治したいのであれば、原因を取り除かなければならないのです。 坐骨神経痛の原因は、筋肉や骨が原因であることもあり、梨状筋症候群、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった疾患から来る場合もあります。 こういった疾患が原因の場合、薬によって完治するのは困難でしょう。 しかし、中には血行が悪化したことが原因となることもあり、循環障害改善薬を使用することによって、痛みが解消されることもあります。 坐骨神経痛の薬として、消炎や鎮痛剤、循環障害改善薬、筋弛緩薬、そしてビタミンB12などは一般的に処方されることが多く、痛みを抑制するのが鎮静剤であり、炎症を抑制するのが消炎剤です。 これらは対処療法をするためのものですので、根本的な原因を取り除くというわけではありません。 こわばった筋肉をほぐし、神経の圧迫を予防するのが筋弛緩薬であり、坐骨神経痛に有効な栄養素がビタミンB12になります。 ビタミンB12は過剰に摂取すると良くありませんので、きちんと医師の指示に従って服用しましょう。 また、他の薬であっても安心できるわけではありません。医師と相談をし、副作用なども知った上で服用して下さいね。 投薬をすれば、すぐに症状が良くなるというわけではなく、場合によっては長期間かかる場合もありますので、胃腸薬を一緒に処方されることもあります。