坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

ブロック注射の種類

ブロック注射には種類がいくつか存在しており、ペインクリニック、麻酔科、整形外科などで受けることができます。 注射を打つ場所は、坐骨神経痛が起きている部位、そして原因によって異なります。 また、打つ場所によって名称も異なるのですが、坐骨神経痛の場合には、坐骨神経に直接打つこともあれば、椎間板関節や椎間板、仙骨神経叢といった部分に打つこともあります。 注射の種類もいくつかあり、神経根ブロックやファセットブロック、硬膜外ブロック、そして椎間板内ステロイド注射などがあるのです。 坐骨神経痛の原因が脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアである場合に打つと効果的だと言われており、直接神経根部分に打つことになります。 デメリットとしては、激しい痛みを伴い、神経を損傷してしまう可能性があるということです。 背骨後部にある突起の近くに打つのがファセットブロックで、硬膜の外である脊髄を包んでいる部分に打つのが硬膜外ブロックです。 硬膜外腔の痛みを防ぐことができます。 そして、直接患部にステロイドを打つのが椎間板内ステロイド注射であり、椎間板からはみ出している部分に対して打つため、その部位に注射が打ちにくいとなると、激しい痛みを感じることとなります。 ブロック注射にはこれ以外にもいくつか種類があります。 いずれの方法にしても、医師の話を聞いた上で自分に合った方法を選びましょう。