坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

ホットパック・温泉療法で痛みを改善

温泉、ホットパックといった方法は坐骨神経痛の痛みを和らげるのに効果的ですが、坐骨神経痛には必ず原因となる疾患があるため、その疾患が判明してから利用しましょう。 坐骨神経痛の方で急性期だという場合には、炎症を引き起こしていることもあるため、温めることで反対に悪化することもあります。 急性期に血行が促進されるのは良いことではありませんので、注意しましょうね。 坐骨神経痛が慢性化したのであれば、血行を促進するためにホットパックなどを利用することをおすすめします。 これによって筋肉がほぐれるため、痛みが緩和されますし、温泉も同じ効果が得られます。 ゆっくりと浸かり、筋肉をほぐしてあげましょう。 しかし、毎日温泉に入ることはなかなかできないでしょうから、温泉と似たような効果が得られる入浴法をいくつか紹介したいと思います。 まず、かんきつ類の皮を湯船に浮かべるという方法ですが、かんきつ類であれば、レモンやミカンなど、なんでも構いません。 保温効果を向上させることができますので、お風呂から上がった後も体を温めてくれるのです。 体を洗い、お風呂から上がる前に少しのお酒若しくは塩を湯船に入れるという方法もあります。 水分が蒸発するのを予防する効果があるため、お風呂から上がっても体が温まるでしょう。 また、ニンジンや大根の葉っぱをお湯に浮かべるという方法も同じように保温効果があります。 市販されている入浴剤、ヨモギでも保温効果がありますので、自分のやりやすい方法を見つけてみて下さい。 いずれの方法にしても、寝る前にお風呂に入り、ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。