坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛の症状と対策

腰や臀部に対する痛みを感じる、太ももの裏から足の裏側にかけてしびれや痛みを感じるといった症状は坐骨神経痛の症状になります。 また、症状が悪化すると、体を動かしたときにしびれ、痛みを感じる、その痛みが原因で歩行が出来なくなるということもあります。 腰椎から臀部である梨状筋の下を通り、太ももの裏から膝の裏、そして下半身へと続いているのが坐骨神経です。 ふくらはぎ、かかと、そして足の指までと、広い範囲に渡って通っている神経になりますので、非常に大切なものですよね。 広範囲にわたる神経だからこそ、どの部分の神経が圧迫されているかにより、症状が異なります。 場合によっては下肢全体に症状があらわれることもあり、痛みの感じ方も人それぞれです。 ピリピリと感じることもあれば、麻酔を打たれた時のように感じる方、強い痛みを感じる方、しびれを感じる方、また何らかの違和感を感じるといった方も居ます。 冷感や熱感を感じることもあり、一部分だけに冷えを感じたり、足の片方だけが冷たいということもあります。 左右のどちらかに症状があらわれるのが一般的ですが、両側にあらわれている場合は注意が必要です。 そのまま放置してしまうと排尿障害などがあらわれることもありますので、なるべく早く受診しましょう。 こういた症状を感じた場合には、安静にして、落ち着いたら医療機関に足を運びましょうね。