坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛のテーピング療法

テーピング療法は腰痛に効果的だと言われていますが、それだけでなく、坐骨神経痛を改善するためにも有効だと言われています。 テーピング療法というのは、スパイラルテーピング療法とキネシオテーピング療法という大きく分けて2種類の方法があります。 テープを骨、筋肉の流れに沿って、らせん状、格子状に巻くのがスパイラルテーピング療法です。 筋肉は、体のバランスが崩れたり、間違った姿勢で居ることによってこわばってしまうのです。 また、関節の痛みが生じることもありますので、体を整えるためにこういったテーピングを行うのです。 なぜテーピングが坐骨神経痛に有効なのかというと、座骨神経痛は梨状筋症候群という筋肉が原因で起こるからなのです。 市販されているテーピング用のテープもありますが、よりテーピング療法で効果を出したいのであれば、専門機関できちんと巻いてもらうようにしましょう。 鍼灸院、整体院といったところでもテーピングしてもらうことができますので、相談してみてくださいね。 30%から40%の伸縮性があるのがキネシオテープというものであり、それを利用したのがキネシオテーピング療法です。 筋肉と同じ伸縮性があるため、人工筋肉テープと呼ばれることもあり、キネシオテープを使うことによって、リンパの流れや血液の流れを促すことができます。 それによって坐骨神経痛の痛みを軽くすることができるのです。 皮膚、筋肉が伸びているときにテープを貼った場合、筋肉をゆるめた時にテープにシワが寄ることになりますよね。 筋肉にもシワが出来ている状態になるため、リンパがこのときにできたシワの間を通ることができ、リンパの流れが促進されるのです。 また、患部が発熱している場合であっても、熱を奪うといった働きがあるため、効果がありますよ。