坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

痛みをやわらげるクッション・寝具

坐骨神経痛の場合、長時間同じ体勢でいるのは避けた方が良いでしょう。 椅子や寝具によっては腰に大きな負担が掛かる場合もありますが、そうすると坐骨神経痛は更に悪化してしまうこともあります。 坐骨神経痛や腰痛専用の椅子もありますので、そういったものを使用すると腰への負担を軽くすることができるでしょう。 そういった椅子や寝具を使用したとしても、定期的に体を動かすということを心がけましょうね。 できれば数十分に1度や最低でも1時間に1度は体を動かし、体の血行を良くするようにしましょう。 学校、仕事場などでは専用の椅子を使えないこともありますよね。 そういった時には、背骨、腰への負担を軽くするために、クッションなどを置いて調整するだけでも効果的です。 たとえば、架橋発泡ポリエチレン、低反発ウレタンなどのクッションが効果的であり、クッションにも多くの形や素材のものがありますから、自分が一番腰への負担が掛かりにくいと感じるものを選びましょう。 選ぶときには、自分の体重が均等に掛かるものがおすすめです。 また、寝具としては、柔らかいと腰が沈んでしまうため、悪化させてしまう可能性があります。 柔らかいと寝心地は良いですよね。 しかし、背骨、腰といった部分が歪んでしまうこともありますし、反対に硬すぎても良くありません。 仰向けの状態で腰の後ろに手を入れてみて、入るようであれば、腰や首といった部分に圧力が掛かってしまっているということになります。 寝具にも、ジェルベッド、低反発素材、ウォーターベッドなど、多くの種類がありますよね。 自分の姿勢に合った、負担の掛かりにくいものを選びましょう。