坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

痛みと気圧・気温の関係

坐骨神経痛の痛みは、寒いとき、雨が降った時に悪化することが多いようです。 そういったことから、神経痛と天気にはなんらかの関連があるのではないかと言われていますが、メカニズムについては解明されていないのが現状です。 しかし、有力な説としては、副交感神経と交感神経が気温、気圧の変化によって活発化するからではないかと考えられているのです。 ヒスタミンの分泌は、気圧が下がったときに盛んになるものであり、血圧を急に下げたり、血管を拡張させる、炎症を起こすといった作用をもたらすのがヒスタミンです。 交感神経を刺激するという働きもあるため、活性化させてしまうことに繋がるのです。 血管は寒くなったときに収縮し、筋肉もこわばります。 つまり、寒くなることにより、坐骨神経を圧迫するということにも繋がるのです。 関節や筋肉の周辺で、血管を収縮させて神経を過敏にさせるというのが交感神経ですので、交感神経によってこのような働きをするのではないかと考えられているのです。 座骨神経痛は寒くなった時に悪化し、雨が降ると湿度が上がりますが、それによって体がむくみやすくなってしまいます。 むくみが生じると、血行を悪化させてしまうため、疲労物質が蓄積されやすくなります。 雨の日には湿度が上がり、気圧が変化するため、血行が悪化し、神経過敏になるということが、座骨神経痛の悪化に繋がるのではないでしょうか。 急激に温度を下げた環境に居るというのも良くありませんので、冷房などによって体を冷やしすぎないようにしましょう。