坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛の病院

臀部からくるぶしにかけて、しびれ、疼痛が繋がりを持っているのが坐骨神経痛の特徴です。 坐骨神経痛であっても、はっきりとした痛みを感じない場合には、なかなかすぐに病院に行くという人は多くないのではないでしょうか。 椎間板ヘルニアやぎっくり腰が原因で坐骨神経痛になることもありますが、この場合は激しい痛みを伴うことになるため、すぐに受診する方がほとんどでしょう。 たとえば、太ももの裏、臀部といった部分にしびれ、痛みを感じることもありますが、そういった場合の進行具合はさほど心配する必要は無いでしょう。 こういった部位の場合、しびれや痛みを感じる範囲が狭く、圧迫されている部分が少ないということになります。 また、くるぶしや膝の裏、太ももと範囲が広くなった場合には、症状が悪化しているということになります。 そのまま受診せずに放っておくと、最悪の場合排尿障害などをもたらすこともありますし、痛みが激しいために歩くことも難しくなる場合があります。 ですから、太ももの裏、臀部、腰といった部分にいつもと違うしびれや痛みを感じたときには大丈夫だと思わず、まずは受診してみましょう。 どこに行けば良いかというと、一番良いのは整形外科です。 できるのであれば、MRI検査、レントゲン撮影ができる医療機関が良いですね。 坐骨神経痛の原因はいくつか考えられますが、場合によってはウイルスが原因で発症することもあります。 たとえばヘルペスが原因ということもありますが、そういった場合は体に水泡などの症状があらわれるまで診断するのが難しいかもしれません。 もしウイルスが原因という場合には、投薬をする必要がありますので、いずれにしても早めに受診することをおすすめします。