坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛の手術

坐骨神経痛の症状によっては、日常生活を送るのが難しくなってしまうこともあります。 もし回復するのが難しいと診断された場合、手術をすることもあるのですが、たとえば椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛を引き起こしている場合、ヘルニアを切除する手術をすることになります。 最近注目されているのがレーザー照射の手術であり、傷が残ることが無く、日帰りで手術することができるのがメリットでしょう。 ヘルニアの場合には原因となっている部位が狭いのですが、広範囲に渡って神経が圧迫されているのが腰部脊柱管狭窄症です。 これが原因だった場合、靭帯や骨を切除するという可能性もあります。 切除した部分に対して、骨を移植したり、金属を入れるといった手術をすることになるかもしれません。 また、坐骨神経を臀部の梨状筋がまたいでいることも稀にあるようですが、この時には手術をして坐骨神経痛を取り除くということになります。 とは言っても、坐骨神経痛によって外科手術になることはめったにありません。 しかし、日常生活を送るのが難しいときには、手術をした方が治りも早いでしょうね。 手術をするとなると不安だという方も多いでしょうが、今はセカンドオピニオン制度もありますので、そういったものを利用することも良いかと思います。 手術すれば痛みが完全に無くなり、完治するとは限りませんので注意しましょうね。 自分で手術をするかしないかという判断をすることができますが、場合によっては重大な病気である内臓疾患、腫瘍といったものが原因であることもあります。 そういったときには、早期治療をすることができるかもしれませんので、そういったことも含めて手術を検討してみましょう。