坐骨神経痛,治療,原因,改善

※坐骨神経痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

坐骨神経痛のリハビリ

元の適した状態に戻すということをリハビリテーションと言いますが、リハビリテーションの行い方はその疾患や症状によって異なります。 たとえば、坐骨神経痛の場合、スムーズに歩行できるようにしたり、痛みを和らげるといったリハビリを行っていき、理学療法を用いるのが一般的です。 理学療法には牽引療法や温熱療法、電気療法、遠赤外線療法、ホットパックといったものがあります。 牽引療法は腰椎を引きのばすもので、マッサージ効果、ストレッチ効果を得ることができるのが特徴です。 温熱療法は、マイクロウエーブを照射することにより、筋肉を温めるといった方法になります。 それによって、新陳代謝を促進させる効果があるのです。 電気療法は低周波電気刺激を与えるというものであり、赤外線療法は赤外線を照射することによって筋肉の緊張を和らげるというものになります。 炎症を抑制することにも繋がり、ホットパックは患部を温めることによって筋肉の緊張をほぐすという治療法です。 整形外科などで理学療法を受けることができますので、きちんと医師に相談した上で治療を行いましょう。 また、リハビリは自宅でも行えるものがあります。 ストレッチや体操は非常に効果的であり、臀部の筋肉をほぐしたり、腰椎の周りの筋肉を鍛えることをおすすめします。 背筋、腹筋を鍛えると、背骨を支えることに繋がる為、筋肉がコルセットのような骨を固定する役割を果たしてくれるのです。 筋肉を鍛えるということは、内臓を支えることにも繋がります。 これは、腹腔内の圧力が保持されるからであり、腰椎の負担を軽減させることにも繋がります。 リハビリはなるべく毎日継続し、無理をしないようにしましょう。 最初から腹筋や背筋をするのが大変だという方もいるでしょうから、そういった場合は散歩から始めるのも良いですね。 痛みを感じたときには無理に体を動かさず、様子を見ながら続けていきましょう。